top of page
ロゴHP用.png
imagine.jpg
「 IMAGINE 」2023  Oil, gold leaf on canvas.  116.7 × 91 × 6.3cm

The characters that appear in Maho Takahashi's works are symbolic representations of contemporary girl figures.

People who were born after the 1980s have grown up in an internet-centric environment, and they belong to the digital native generation where anime, manga, and games are familiar and have a significant influence on them.In Takahashi Maho's familiar content, the characters portrayed as unmistakable heroes and heroines, becoming the objects of our admiration, while also being depicted as strong and beautiful.

Her depiction of girl characters, however, deviates from the typical appearance seen in what's known as otaku culture in Japan. Instead, she embraces a more simplistic and unadorned look. This could be attributed to her background in design, but it also seems to stem from a nostalgic attachment to her childhood.

 

The foundation of Takahashi Maho’s work is rooted in the past experiences and memories that shaped her during childhood. The girl character "Ano Ko" appearing in her works serves as a visualization of the formative years when significant personalities are developed. Personality, influenced by the interplay of genetics and the environment, is believed to be shaped through changes and development, excluding external factors such as accidents or illnesses. Children, being innocent, are delicate and intricate beings due to their innocence.She likens it to a chrysalis before metamorphosis.

 

All these memories and experiences form crucial pillars of growth and support for a person. Now, as adults,  within the absurdities of society, the presence of 'Ano Ko' becomes a sanctuary for self-preservation, while her unique appearance, distinct from the conventional heroine, also symbolizes diversity.

 

Her works primarily use  "haku," a traditional Japanese technique involving gold leaf, which represents an illustrious and enduring idol from the past. 

Gold used since around 3,000 BC, has enthralled people's hearts as a metaphor for timeless value. Childhood memories and experiences hold a lasting significance, connecting to the present. She conveys these memories and experiences through the symbolism of gold. While evoking nostalgia, she uses it as a tool for contemporary expression.

 

In recent years, the issue of diversity has come to the forefront, and we, too, are active participants in the modern world. Changing what has been etched into our DNA throughout history in just a few short years is a challenging task, but Takahashi believes that progress can be made, even one step at a time. 

She hopes for a future where we can acknowledge and embrace one another.

Each time we embrace our younger selves, she believes peace comes closer. 

The modern girl figures she creates symbolize a yearning for peace and equality that emerges from a rich era.

 

 

 

カハシマホの作品に登場するキャラクターは、現代を象徴する少女像である。

 

1980年代以降の生まれは、インターネットのある生活環境で育ち、アニメ、漫画、ゲームが身近なデジタルネイティブ世代に属し、これらのコンテンツに多くの影響を受けている。

タカハシマホが慣れ親しんできたコンテンツの中での登場人物たちは、わかりやすくヒーロー、ヒロイン像として描かれ、我々の憧れの対象であり、同時に強く美しく描かれていた。

 

しかし彼女の描く少女像は、いわゆるオタク的日本文化の中での見慣れた姿をしていない。

装飾の施されていない、シンプルな見た目をしている。これは、彼女がデザインを学んだことも理由に挙げられるが、幼少期への執着ゆえのものでもあるといえる。

 

タカハシマホの作品の原点は、その幼少期を形成した過去の経験や体験である。

作品に登場する少女像「あの子」は、重要なパーソナリティーが形成される幼少期を可視化したものとして使用されている。パーソナリティーとは、遺伝と環境の相互作用の中で、事故や病気等による外的要因を除いて、変化し、発達しながら形成されると考えられている。子どもたちは無垢であるがゆえに脆く、複雑な存在なのである。それはまるで変態前の蛹のようだと彼女は言う。

 

そう言った全ての記憶と経験が、人として成育するうえで重要な軸となり、支えとなる。それらは大人になった現在、社会の不条理の中で、「あの子」という存在は、生きていくうえで自分自身を守るための聖域であり、ヒロイン像とも異なる見た目は多様性の象徴にもなり得るのだ。

 

作品は、主に日本の伝統である「箔」を使用したものが多いが、それは輝かしくもいつまでも色褪せない過去の偶像である。紀元前3,000年頃より使われ始めた金は、多岐にわたって人々の心を魅了してきた、普遍的な価値のメタファーなのだ。幼少期の記憶や経験は、永続的で重要なものであり、現在へと繋がっている。その記憶や経験を、金に置き換え表現している。懐古からくる郷愁さを感じつつも、現代的な表現を再現するためのツールとして使用している。

 

近年、多様性についての課題が挙げられている。我々も現代を生きる当事者の一人である。

歴史と共にDNAに刻まれてきたものを数年で変化させることは難しいが、一歩ずつでも進むことは出来ると考え、認め合うことのできる世界はそう遠くない未来にあると願っている。

小さな自分を認めるたびに、平和は近づくと信じている。

彼女の制作する現代的少女像は、豊かな時代が生んだ平和と平等を願う象徴なのである。

sign.png
Maho TAKAHASHI

1992年千葉県出身。

デザイン専門学校卒

フリーランスのイラストレーター 、デザイナーを経て、美術系専門学校にて講師を務めた後

アーティストへ転身。

個展

2024 「solo exhibition 「THINK THINK THINK」」(A/Dギャラリー、東京)

2023 「solo exhibition 「MUYU MUFU  (No sorrow, no wind」(銀座 蔦屋書店、東京)

     「solo exhibition 「聖域」」(阪急うめだ、大阪)

   「solo exhibition 「SAN SEN SOU MOKU」」(A/Dギャラリー、東京)

   「solo exhibition 「UTSUKUSHI」」(SOKA ART、台湾 台北)

   「solo exhibition 「MEDETASHI」」(SOKA ART、台湾 台南)

2022 「TORI no ICHI タカハシマホ展」(Goyo GALLERY、東京)

         「solo exhibition「緒」」(奈良 蔦屋書店、奈良)

   「solo exhibition「to」」(GALLERY VOYAGE、東京)

2021 「solo exhibition「かみさまのけはい」」(LIGHT HOUSE GALLERY、東京)

 

グループ展

2024 「ART ART KOBE -ArtSticker SELECTION-」(大丸神戸店、兵庫)

2023 「MINI〇展」(Sansiao Gallery、東京)

   「yutaokuda×タカハシマホ×Rooo Lou」(AFRODE CLINIC、東京

         「HANKYU ART Fair」(阪急百貨店、大阪)

         「GINZA 5th ART SELECTION」(銀座 蔦屋書店、東京)

2022 「WHAT CAFE EXHIBITION vol.22」(WHAT CAFE、東京)

         「Relive artworks Fukuoka 2022」(UNION SODA、福岡

   「MINI〇展」(Sansiao Gallery、東京)

         「阪急百貨店×アートコレクターズニュースター達の美術展」(阪急百貨店、大阪)

2021 「100人10 2021」(東京)

   「HOMMAGE展」(Sansiao Gallery、東京)

   「artworks Nagoya」(国際デザインセンター、愛知)

   「REAL by ArtSticker DAIKANYAMA」(代官山ヒルサイドフォーラム、東京)

   「WHAT CAFE EXHIBITION -GIFT-」(WHAT CAFE、東京)

   「Art in Tokyo YNK」(東京)

   「GOLD展」(松坂屋上野、東京)

   「STYLE WARS展」(KATSUMI YAMATO 無一物、東京)

   「WHAT is Art?展」(WHAT CAFE、東京)

   「NIHON 超扁平の解決方案」(上海)

   「私のちいさなたからもの展Ⅱ 」(銀座画廊 美の起源、東京)

   「コンシン展 Vol.3」(gallery UG BAKUROCHO、東京)

   「artworks fukuoka」(Whask、福岡)

   「たんざく展」(伊勢丹新宿店6階アートギャラリー、東京)

   「天/真/有/邪 CONTEMPORARY TOKYO」(北京)

   「JR名古屋タカシマヤ×TOMOHIKO TOSHINO GALLERY」(JR名古屋タカシマヤ、愛知)    「WHAT CAFE POP UP SHOW with tremolo 「24molos」」(WHAT CAFE、東京)    「MASATAKA CONTEMPORARY CUTE AND SWEET BUT...VOL.2」(東京)

   「いい芽ふくら芽 in Tokyo 2021」(松坂屋上野、東京)

2020 「2020美の起原展 入選作家展」(銀座画廊 美の起源、東京)

アートフェア

2024 「ART TAINAN 2024」(シルクス プレイス台南 、台湾)

2023 「ART TAIPEI 2023」(台北世界貿易中心、台湾)

   「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2023」(福岡マリンメッセ、福岡)

   「FOCUS Art Fair NY」(Chelsea Industrial、米国)

         「TAIPEI DANGDAI 2023」(Taipei Nangang Exhibition Center、台湾)

         「LA Art Show 2023Los Angeles Convention Center、米国)

         「ONE ART Taipei 2023」(Metropolitan Premier Taipei、台湾)

2022 「KOGEI Art Fair Kanazawa 2022」(ハイアットセントリック金沢、石川)

   「Daegu Art Fair 2022」(Daegu - EXCO, Korea、韓国)

   「ART 021 SHANGHAI」(Shanghai Exhibition Center、上海)

   「3331 ART FAIR 2022」(3331 Arts Chiyoda、東京)

         「ART TAIPEI 2022」(台北世界貿易中心、台湾)

   「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2022」(福岡国際会議場、福岡)

   「art stage OSAKA」(堂島リバーフォーラム、大阪)

   「KunstRAI 2022」(オランダ)

   「ART BUSAN」(韓国)

   「アートフェア東京 2022」(東京国際フォーラム、東京)

   「ART NAGOYA」(名古屋)

   「ONE ART TAIPEI」(The Sherwood Taipei、台湾)

2021 「ART TAICHUNG」(台湾)

   「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2021」(博多阪急8階催場、福岡)

2020 「Independent TOKYO 2020」(東京ポートシティ竹芝、東京)

 

受賞歴

2021 いい芽ふくら芽 in Tokyo 2021 アートファクトリー賞 受賞(上野松坂屋、東京)

2020 Independent TOKYO 2020 審査員特別賞 高橋正宏賞 受賞(東京ポートシティ竹芝、東京) 2019 美の起原展 入選(銀座画廊 美の起源、東京)

メディア掲載

2024 月刊アートコレクターズ 2月号 NO.179 完売作家 2024 掲載

2023 ONBEAT Vol.18 掲載

         月刊アートコレクターズ 2月号 NO.167 完売作家 2023 掲載

2022 月刊美術 11月号 2022 NO.566 百貨店×現代アートの最前線 掲載

         月刊アートコレクターズ 2月号 NO.155 完売作家 2022 掲載

         月刊アートコレクターズ1月号 NO.154 やっぱり日本画が好き 「ワカテのホンネ」掲載

2021 月刊アートコレクターズ8月号 NO.149 新世代の到来 若き才能を見よ!

       「絶対におさえたいアーティスト50人」掲載

photo_100bh.jpg
bottom of page